コロナ対策

危機関連保証の発動セーフティネット保証5号

更新日:

経済産業省は、新型コロナウイルス感染症の発生に伴い、同感染症の影響を受ける業種に属する中小企業者の業況が悪化していることを踏まえ、中小企業者の資金繰り支援措置として、特に重大な影響が生じている宿泊業や飲食業など計356業種をセーフティネット保証5号の対象業種に緊急的に追加指定を行うことを決定しました。

セーフティネット保証5号とは

全国的に業況の悪化している業種に属することにより、経営の安定に支障を生じている中小企業者への資金供給の円滑化を図るため、信用保証協会が通常の保証限度額とは別枠で80%保証を行う制度

事業所の所在地が那覇市にある中小企業者で、下記の要件を満たす方は申請することができます。認定希望者は必要書類(本ページからダウンロード可)をそろえ、商工農水課窓口へご提出ください。

その他、市町村は下部に掲載しています

内容(保証条件)

対象資金:経営安定資金
保証割合:80%保証
保証限度額:一般保証とは別枠で2億8,000万円
        セーフティ4号と同枠(併用可)

セーフティネット5号の概要(PDF:352KB)

対象者

(1)国の指定する業種に属する中小企業者の方(四半期毎に改定あり)
 セーフティネット保証5号の指定業種(令和2年4月1日~令和2年6月30日)

対象業種は、下記の中小企業庁のホームページからもご覧になれます。

http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/sefu_net_5gou.htm(外部サイト)

(2)認定基準を満たしていること
 那覇市による認定は、市内事業所(本店が市内在)に限ります。
 市外事業者の方は、所在地の市町村へお問い合わせください。

 

認定基準

国の指定業種に属する中小企業者で、以下のいずれかの基準を満たすこと

(イ)売上高が減少している
申請者の事業が指定業種に属し、最近3ヶ月の売上高又は販売数量が前年同期の売上高に比して5%以上減少していること。
(ロ)原油等仕入れ価格の上昇分を製品等の販売価格に転嫁できない
申請者の事業が指定業種に属し、原油価格の上昇により、製品等の売上価格のうち、20%以上を占める原油等の仕入れ価格が20%以上上昇しているにもかかわらず、物の販売又は役務の提供の価格(加工賃を含む)の引き上げが著しく困難であるため、最近3ヶ月間の売上高に占める原油等の仕入れ価格の割合を上回っていること。
 詳細については、セーフティネット保証制度(中小企業庁)を参照下さい。
中小企業庁(外部リンク)

必要書類は各市町村でご確認ください。

※HPに掲載の無い市町村は総合窓口へ電話でご確認ください。

-コロナ対策
-, ,

Copyright© 沖縄の集客・販促売上アップコンサルタント , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.