トップページが綺麗なホームページにアクセスがこない理由とは?

トップページが綺麗なホームページが集客できない理由とは?

ホームページを制作する時に、「見た目のデザイン」をかなり気にしてしまいます。トップページのデザインにこだわり過ぎるホームページの多くが集客できないことは知っていますか。

集客・成約できるホームページを作るには、正しい知識を持つことが必要です。

もし、あなたのホームページが『綺麗なデザイン』で作られている、綺麗なデザインのホームページを作りたいのであれば、こちらを参考にして改善してみてください。

お客様はトップページで判断しない

ホームページのトップページが綺麗だからといって、お客様は来店、見積依頼、注文しません。なぜなら、トップページのヘッダー画像だけで信用されるという事がないからです。

トップページにこだわり過ぎて、ホームページの中身が薄くなってしまっては、お客様の来店・購入・依頼する気持ちが離れてしまいます。デザインより中身の情報をしっかりと作りましょう。

トップページでクロージングしない

ホームページのトップページはあくまでも『サイト概要紹介』や『各サービスへの案内』がほとんどです。そのため、トップページが綺麗でもあくまで通貨点であり、実際にクロージングさせる『見積依頼』『問合せ』ページへの遷移が重要になります。

トップページのデザインを綺麗にするより、トップページでクロージングさせる仕組みを作りましょう。

綺麗なデザインは価値がない

実は綺麗なデザインというのは、人それぞれの感性によって違います。そのため、他人から見て『綺麗』とは思われない場合が多いのです。特にホームページの場合、お客様が求めるのは、『どんなサービスなのか』『いくらなのか』などの答えを知りたいから閲覧します。つまり、お客様が求めていない『綺麗なデザイン』は価値がないのです。

綺麗なデザインと見やすい・分かりやすいデザインの違いとは?

ホームページは、お客様が使っているパソコンやスマホ、ブラウザの種類によっても見え方が違います。パソコンで確認して、トップページのヘッダー画像が画面いっぱいに見えるのが綺麗と思っていても、スマホで閲覧するお客様は多い場合は意味がありません。デザインは、綺麗という感情より、見やすい・分かりやすい・使いやすいという機能性で作りましょう。

綺麗でなければ見られないというのは大嘘

トップページが綺麗でなければ見られないというのは大嘘です。なぜなら、googleやyahooで検索したときには、タイトルや紹介文でしか判断されないため、トップページのデザインでは決定していません。

また、SEO対策をしっかりとやっているホームページほど、ランディングページはトップページ以外になっています。トップページのデザインを綺麗にするより、『新着情報』がきちんと更新されている方が、成約率は上がりますよ。

ホームページの作り方で、成約率が高い集客を行うことができます。特に建築会社や工務店のように、初回営業から成約まで長いコミュニケーションが必要になる業種は、ファーストアプローチの違いで成約率が大幅に変わります。WEB集客を改善したい会社様は是非、ご相談ください。

HP制・名刺コンサルティングに関するお問合せ
HP制作やweb集客・名刺コンサルに関するご相談やお問合せはお申込みフォームもしくは、お電話ください。「090-3410-4605」(9:00-17:00 定休:土日・祝日)にお電話ください。(スマートフォンでアクセスの方は番号をクリックするだけで電話できます)